読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エイセツシティ 460番地 裏通り 

XY~ORAS 環境の考察ブログです  

ORAS 「Generation Showdown」 事前考察

ORAS 「Generation Showdow」事前考察

 

レーティングバトル・シーズン8が始まってから、

最初の記事となります。こんばんは。

 

新たな情報として

幻のポケモン「フーパ」発表、さらに今夏の映画タイトル決定。

ホウエン大会のプレゼントが「隠れ特性チゴラス」に決定。

・夢エンブオー、夢ダイケンキのシリアルコード公開、配信開始。

 

以上の様な内容がもたらされました。

そして今記事の考察主題である「Generation Showdown」の

開催が決まりました。

 

以前行われていた「バトルレジェント」と比べると、

幻のポケモン使用禁止』という点が大きく異なります。

禁止伝説は二体までなのは変わりません。

 

禁止伝説ポケモンの考察、組み合わせ、種族値などは

以前のブログ記事(こちらをクリック)を参照して頂けると幸いです。

 

参考記事だけでは網羅しきれない、

「ゲンシグラードン・ゲンシカイオーガ・メガレックウザ」の3体を中心に、

考察・組み合わせ・対策などについて載せていけたらと思います。

 

本来なら「ジャローダ入り雨展開」の

紹介をしたかったのですが、

構築が固まっていないので

こちらの記事を先に投稿しました。

 

それでは、本編へ。

 

 ◆ゲンシグラードン

グラードンf:id:setunayuki:20150117160007p:plain

グラードン 種族値:100-150-140-100-90-90

◇ゲンシグラードン 種族値:100-180-160-150-90-90

 

・今回の大会で重要なポジションとなるであろう一体。

 ゲンシカイキによりタイプが炎地面に変わった事で 

 禁止伝説戦の新たなエース、ゼルネアスに対する耐性を得られました。

 

・状態異常に対しても強め。火傷と麻痺は無効となります。

 このような大会で出てくる一般級のポケモンは、

 おにびやでんじはの採用率が高いので嬉しい所。

 

・専用技「だんがいのつるぎ」は、

 地面タイプ威力120命中率85の範囲技。相手2体のみへの攻撃。

 普通のグラードンの時は範囲攻撃技に地震が入っていたので、

 隣に置くポケモンに気を使う必要がありましたが、

 今回はその問題も解消されました。

 

・特攻のステータス上昇により、

 両刀もしくは特殊アタッカーの選択肢も生まれました。

 炎特殊技もタイプ一致で、なおかつ天候の恩恵を受けられます。

 

・一方上がっていない能力は特御。

 物理耐久は目を見張る高さを誇りますが、

 特殊耐久の方は安心しきれない面があります。

 

・高火力の流星群や、大地の力で

 しっかりとダメージ蓄積していく正攻法が

 ゲンシグラードン対策への近道と言えるでしょう。

 

◆ゲンシカイオーガ

カイオーガf:id:setunayuki:20150117160856p:plain

カイオーガ  種族値:100-100-90-150-140-90

◇ゲンシカイオーガ  種族値:100-150-90-180-160-90

 

・攻撃種族値に50も能力上昇が割り振られており、

 実質的な能力が少し控えめ見えます。

 物理型ゲンシカイオーガ(電波受信)

 

・専用技の「こんげんのはどう」は威力110命中85相手2体への範囲攻撃 

 しおふきと同時採用して、HPの残っている間はしおふき。           

 HPが減って潮吹きの火力が落ちてきたら、根源の波動に切り替えると

 火力を落とさずに済みます。

 

・専用特性「はじまりのうみ」ですが、ゲンシグラードン

 比べると有用性があまり高くないように思われます。

 相手の悪戯心「にほんばれ」を防ぐ事は出来ますが……

 

・特殊耐久の上昇は素直にありがたく、

 ゼルネアスの+2ムーンフォースを耐久無振りでも耐えるほどに。

 攻撃を一発耐えて、電磁波や絶対零度を放っていきたい所。
 

・今までは伝説解禁戦の象徴ともいえるべき存在でしたが、

 今回の大会では対ゲンシグラードンを考えておかないと

 採用は難しそうです。ポテンシャルは十分に秘めています。

 

◆メガレックウザ

レックウザf:id:setunayuki:20150117161026p:plain

レックウザ 種族値:105-150-90-150-90-95

レックウザ 種族値:105-180-100-180-100-115

 

 ・掟破りの「メガストーン無しのメガシンカ」を果たしたポケモン

 メガシンカ後の能力上昇にも恵まれており、

 高水準な火力と平均的な耐久を手に入れました。

 

・禁止伝説に多い90~100族の激戦区を抜き去り、

 115族まで上昇しています。禁止伝説枠の中では

 ミュウツーに次ぐ素早さとなっています。

 

・専用技は「ガリョウテンセイ」。飛行タイプ版インファイト

  サブウェポンもしんそく、オーバーヒートと欲しい範囲はそろっており、

 型が読みづらい厄介な存在と言えます。

 

・ただ仕様としては色々と微妙な点が。

 まずエアロックやノーてんきでで問答無用でかき消されます。

 乱気流状態では通常の天候変化はすべて無効となるのですが、

 後出しゲンシカイキの特性には負けてしまいます。

 以下に具体例を挙げます。

 

メガレックウザ「お、相手にメガクチートおるやんけ。

        Vジェネレートで燃やしたろw」

ゲンシカイオーガ「うっす、交代で出て来ました(はじまりのうみ)」

『つよいあめのえいきょうで ほのおタイプのこうげきが かきけされた!』

メガクチート「じゃれついときますね」

 

グラードンカイオーガを抑制する存在のはずでは・・?

 

レックウザを適当な個体で積もってしまったので、

 実現できませんがもし使えるとしたなら、

 

・「レックウザ @弱点保険」

 マニューラ こおりのつぶて

 このような二体を横に並べて、マニューラの氷の螺手→味方のレックウザ

 っていうのをしてみたいですね。乱気流の効果で氷の螺手の威力を

 抑えられるので。

 

・ゲンシカイキと異なり、

 メガシンカのタイミングを選べたり、

 道具の自由に選択できる点はぜひ活かしていきたい所です

 攻撃性能や範囲が高水準であるが故に周りとの連携や

 読みあいが肝要と思われます。

 

============================================

以上で考察を締めくくります。

 

質問や提案などありましたら遠慮なくお寄せください。

 

本記事を最後まで閲覧して下さり

誠に有難うございました。

 

それでは、またノシ