読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エイセツシティ 460番地 裏通り 

XY~ORAS 環境の考察ブログです  

PT考察その⑦ ジョウトオープン使用構築

PT考察その⑦ ジョウトオープン使用構築

 

キミはいま

ジョウトオープン紹介記事への

第一歩をふみだした!

 

 

こんにちは

GB時代のポケモンだけが参加できる

シングル63のインターネット大会「ショウトオープン」に

挑戦したのでいつも通り、紹介記事に致しました。

 

カントークラシックの

ほぼ倍以上のポケモンが参加できるので

そちらより対策するべき相手が増えています。

その点を踏まえて、構築を仕上げていきました。

 

Ⅰ:PT紹介

 

f:id:setunayuki:20160529204154p:plain

 Ⅱ;対策すべきPT軸

ジョウトオープンにおいて

対策必須だと考えたのは次の3系統です

 

■雨パ    ■受けループ   ■バトン軸

ニョロトノキングドラ   ラッキーヤドラン   ドーブルピクシー

 

 Ⅲ;個別解説

バンギラス 【意地っ張り AS252】

バンギラス

 

・対受けループ、対雨パ。

 高い物理耐久を誇るエアームドやヤドランでさえも

 受ける事の困難な鉢巻バンギラス

 

・交代先へ大きな負担をかけながら、相手のサイクルを崩していく。

 タイプ一致技であるストーンエッジ&噛み砕く、ミラー意識の馬鹿力。

 残り一枠はハッサムへの打点となる炎のパンチを採用した。

 

・意地っ張りAS振りなので

 ハッサムを抜いて一撃で倒せることが多かった。

 稀に素早さを抜かれた、陽気AS鉢巻ハッサムだろうか。

 ストーンエッジの外し以外は頼れるメンバーだった。

 

ラプラス 【生意気HD252 最遅】

ラプラス

 

・対受けループ、対雨、対バトン。

 今回のルールは雨パに多く対峙すると想像していたので、

 天候パが猛威を振るっていた5世代の考察記事を調べていた。

 

・すると一部のブログ記事で

 「ちょっと待ってください、その構築、ラプラス重くないですか?」

 というネタが流行っていて、ラプラスの型が紹介されていた。

 ラプラスの重い構築ってなんなんや 詳細は不明()

 

・技構成は画像の通り。

 5世代当時の流星群(威力140)でも受け出しは可能だったようで、

 少し威力の下がっている今ならさらに余裕である。

 

・メタ対象としているポケモン

 相手のPTにいるときは確実に役割を果たしてくれた。

 トノグドラを意識しすぎて、カブトプスにボコボコにされた。 

 

 

ライコウ 【うっかりや CS252】

ライコウ

 

・対受けループ。

 懐かしのクラウンライコウ、対戦で使うのは初めてかもしれない。

 通常のライコウでは覚えない、はどうだんや神速などを覚えている。

 

・攻撃技は電気+格闘+エスパー、今回のルールならこの3つで十分。

 通常のルールのようにガブリアスグライオンはいないので、

 目覚めるパワー氷は必要無い。

 

はどうだんの採用で、小さくなるラッキーを自然と対策。

 神通力も他のメンバーでは打点の乏しい、

 ヘラクロスフシギバナニドキングへの有効打となる。

 非常に動かしやすいポケモンだった。

 

◆ファイヤー 【おくびょう CSベース】

ファイヤー

・未来永劫、睨み付けるの化身。

 残りの5体が決定してから、最後に入ってきた補完枠。

 ハッサムおよびカイリューに薄く感じたので採用。

 有利対面で打つニトチャは強い

 

グランブル【ようきAS252】

グランブル

 

・分類名がようせいポケモン、名実ともにタイプもフェアリーに。

 優秀なタイプ相性で、カイリューヘラクロスに繰り出していく。

 

・電磁波と挑発が読まれ辛く非常に便利だった。

 初手でステルスロックを敷こうとしてくる

 ドンファンめがけて挑発が気持ちいい。

 

・電磁波と威嚇で相手を起点にして、

 バンギラスおよびライコウで圧力を

 かけていく展開がシンプルで強い。

 採用してよかったと思うポケモン、MVP。

 

ソーナンス 【図太いHB252】

ソーナンス

 

・高性能クッション  

 

===============================================================

 

 

紹介は以上です。

制限ルールの中ではバランスの取れている大会で

非常に楽しく対戦できました。

45戦中、40戦消化。

レートは1600少し超えたあたりかな?

 

制限ルールでバランスが

取れるということは

普段のルールだと……? 

 

今後もポケモン対戦は

制限ルールがメインになると思われます。

スプラトゥーンのアプデの間隔が絶妙で

結局そっちをやってしまうの♡

 

 シングルバトルの方で

考えている案が一つあって

そちらは完成させる可能性があります

2年の時を経てこの原案②を復活させたくなってます

 

簡単な紹介ではありますが

 

本記事を最後まで閲覧して下さり

誠に有難うございました。

 

それでは、またノシ