読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エイセツシティ 460番地 裏通り 

XY~ORAS 環境の考察ブログです  

PT考察その⑥ カントー・クラシック使用構築

ORAS PT考察

 PT考察その⑥ カントー・クラシック使用構築

 

お久しぶりです

最近 記事を書くたびにこの挨拶な気がします

 

PGLの大会としては珍しい

シングル6vs6というルールの今大会

ルールが分かった時から着々と準備をしていました

 

ネット対戦ができるようになった

DPt~HGSS時代に

見せ合い無しシングル66を楽しんでいた私にとっては

参加しない理由のない大会といえます

 

そのころの思い出は

シングル66でユキトドミラーを

起こしてしまったことですね

あの時の対戦相手さんごめんなさい((

 

そのころの経験を生かしながら

今回の環境に合わせて構築を考えてみました

続きから どうぞ

 

 ◆構築の成り立ち

カントークラシックは初代赤・緑時代の対戦を再現していて

「シングル6vs6 道具を持たせることのできない 」ルールです

道具が使用できないので 普段よりコンボを封じる手段が少なくなります

メガストーンも当然使えないため 技の火力や耐久の水準が低くなります

 

よって 構築の方針を

「数匹のポケモンを使ってコンボを完遂させ、相手のサイクルを崩す」

というものに決めました。

 

コンボパーツとして選んだのは、

ダグトリオモルフォンフーディンの3体。

詳しい説明は後程

 

残りの3体は

トップメタになりそうなポケモンへの対処や

構築全体で薄い部分への対処に割きました

 

 

◆使用ポケモン・技構成

f:id:setunayuki:20160306144227p:plainf:id:setunayuki:20160306144130p:plainf:id:setunayuki:20160306144606p:plainf:id:setunayuki:20160306144426p:plainf:id:setunayuki:20160306144331p:plainf:id:setunayuki:20160306144523p:plain

ダグトリオ 

地震/威張る/岩石封じ/ステルスロック  陽気

モルフォン 

眠り粉/蝶の舞/バトンタッチ/虫のさざめき 臆病

フーディン 

スキルスワップ/サイコキネシス/シャドーボール/マジカルシャイン 臆病

カイリュー

龍の舞/羽休め/神秘の守り/ドラゴンクロー 意地っ張り

カビゴン

地割れ/身代わり/恩返し\噛み砕く 陽気最速

フリーザ

身代わり/羽休め/フリーズドライ/絶対零度 臆病

 

 ◇・補足説明

 

1・モルフォンの採用について

f:id:setunayuki:20160306144130p:plain

定期的に育成してる気がする…

以前はカイオーガに特性「色眼鏡」をスキルスワプする役でしたが、

今回は蝶の舞バトンタッチ要員 繋ぐ相手はフーディン

 

道具が使えないので

ラムの実の心配をすることなく眠り粉を打てる

環境的に草タイプも多くないのでさらに通りやすかった 

地味に珍しいサファリボール入りモルフォンさん

 

2・ダグトリオの採用

f:id:setunayuki:20160306144227p:plain

フーディンの火力補佐にステルスロックがほしくて採用

他にも素早さ130属のプテラ、頑丈もちのゴローニャもいるが

特性「蟻地獄」に魅力を感じたのでこちらを選んでみた

 

基本はステルスロックと威張るができればOK

初手に出してコンボの始動役として役割を果たしてくれた

初手対面でサンダースと対峙した時は 電磁浮遊警戒で岩石封じ一択

 

3・蝶の舞バトンフーディン

f:id:setunayuki:20160306144606p:plain

コンボが成功した時の制圧力は素晴らしかった。

強力な先制技や悪戯心電磁波の妨害を受けない点が強い。

普段のルールだったら、簡単に阻止されてしまうと思う

 

スキルスワップ」は天然ピクシー対策

こちらの特性を天然に変えれば、

相手の瞑想や小さくなるの効果を無視できる

2割くらいの確率で マジックガード交換会になったけど

 

 4・動けるカビゴン

f:id:setunayuki:20160306144331p:plain

唐突に思いついてしまった地雷枠

 

ノーガード爆裂パンチが強力なカイリキー

高耐久を誇るラッキー、ヤドラン

今ルールトップメタのピクシー

以上の4体への対策を考えた結果こんなカビゴンになった

 

カビゴンの素早さ種族値は30属

性格補正+努力値252振りで 実数値90

無振り70属と同速となる

 

つまり Sにあまり振ってないカイリキー相手なら

上から地割れを打って倒すことができる

実際の対戦でもできたよ!

なお カイリキーが特性ノーガード前提のお話

 

他にもヤドランの電磁波を

身代わりで避ける→次のターン地割れが決まった!

最速カビゴンのメリットを何度も実感することができた

 

ポケモン歴長いけど

陽気カビゴンの孵化も育成を始めてでした//

 

===============================================================

 

以上で説明を終わります

たまにはいいですね シングル66

懐かしい気分に浸れました

 

今後は

他のゲームやVC版ピカチュウバージョンを

進めながらポケモンについて考えていこうと思います

 

今考えているのは

ポケットモンスターサン/ムーンで

つのドリルオムスター使ってみたいなって

初代vcとの連動が予定されているそうなので

 

次の記事は

GSルールで

使った構築の紹介になると思います

更新時期は未定です

 

それでは またノシ