読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エイセツシティ 460番地 裏通り 

XY~ORAS 環境の考察ブログです  

Little Match~リトルマッチのまとめ&レーティング雑感

Little Match~リトルマッチのまとめ&レーティング雑感

 

地元がそろそろ梅雨入りの予感 こんにちは。

 

リトルマッチも終了し、

参加賞であるポケマイルが配布されたり、

使用率ランキングの公開ありましたね。

 

前回の記事でコメントをいただいた通り、

リトルマッチのまとめ記事を載せようと思います。

 

今回のような変則ルールに関する考え・傾向を

まとめておくのは有意義だと感じています。

今後、同じルールで対戦をする時もスムーズに取り掛かれます。

 

そしてもう一つの内容は

「レーティング雑感」今の対戦環境に

思うところをゆるーく語っていきます。

 

ではでは

 

 1・Little Match~リトルマッチのまとめ

※参加した マスターカテゴリについてのみ

 

◆使用率ランキング◆

f:id:setunayuki:20150604125042p:plain

 

1位~5位のポケモンについて まとめていきます。

 

①・ニューラ

ニューラ

・文句なしの使用率一位。

・今ルール最速の素早さと高い攻撃性能、対面性能。

 氷柱おとしの怯みチャンスまで兼ね備えた優秀さ。

・技、性格、持ち物、特性を採用率トップだけでそろえると

 叩き落とす/猫騙し/氷の礫/氷柱落とし 陽気 @命の球 特性:精神力

 

②・ストライク

ストライク

・総合種族値トップクラス。

 対ニューラに不安が出るためか、このような使用率になりました。

・私も陽気鉢巻きで使っていました。

 虫食いの火力や、とんぼ返りを利用したサイクル戦は安心の性能でした。

・燕返し/蜻蛉返り/電光石火/虫食い  陽気 @拘りスカーフ 特性;テクニシャン

 

③・コイル

コイル

・惜しくも二位にならなかった(2つの意味で)コイルさん。

 もう少し使用率が伸びると思っていましたが、一貫性の高い

 叩き落とすを等倍で受けてしまうのが伸び悩んだ原因か。

・よく見かけたのは、ストライクを組んだトンボルチェン。

 頑丈で行動回数は確保されていますので、扱いやすいと思います。

・ラスターカノン/10万ボルト/ボルトチェンジ/目覚めるパワー 

 ひかえめ @きのみジュース 特性;頑丈

 

④・ペロッパフ

ペロッパフ

 

・個人的には予想外だった一体。

 同じような感想を持たれた方もいるのではないでしょうか。

・注目すべきは 持ち物採用率3,8%の「ジャポのみ」

 物理技を受けて、ジャポの実を発動→軽業の効果で次のターンから上を取る。

 対ニューラを特に意識した持ち物のようです。

・ジャポペロッパフはいくつかのブログで見かけました。

 そのような発想に至っていなかったので、素直に驚きました

・火炎放射/ドレインキッス/瞑想/コットンガード 控えめ @木の実ジュース 性格;軽業

 

⑤・ヤミカラス

ヤミカラス

 

・リトルカップ界のボルトロス

 このルールでは数少ない悪戯心もちがランクインしました。

・ヤミラカスといっしょにptに入っていたポケモン

 ニューラ、ストライク、コイル、ペロッパフイワークとなっています。

テッポウオヒトモシといった

 避ける系のポケモンと組まれていそうなのに意外でした。

 それだけ上に挙げたポケモンの使用率が高かったと推測されます。

・電磁波/挑発/ブレイブバート/不意打ち 陽気 @気合の襷 特性;悪戯心

 

以上になります。

全体としての感想はもう少し岩タイプの使用率が

高くてもよかったなーという印象です。

 

岩タイプは

ニューラ・ストライクへの打点があり、

連続技のロックブラストを一致で打てます。

ランクインしているのはイワークだけでした。

 

===============================================================

②・レーティング雑感

 

これは私の発したあるツィートに対して、

フォロワーさんと少しやり取りがあったので、

その言葉を元に話を進めていきます。

 

『レーティング対戦で

素直な立ち回りをしている方が

逆に意表をついて いるように思う』

 

そのフォロワーさんはこの言葉に共感してくれました。

みなさんは私の言葉をどのように捉えるでしょうか?

 

ランダム対戦が実装されたBW発売から

随分と過ぎました。対戦環境の始まり、停滞、成熟、変化を繰り返して

今の対戦環境 ORASレーティングバトルに至ります。

 

対戦が多様化されたためか、

対戦人口の裾野が広がった為かはわかりませんが

想定外の交換読みをされる機会が結構あります。

 

もちろん私もそのような立ち回りを

せざるを得ない場面があったりします。

 

そんな場面を

自戒を込めて「異次元の交換読み」って命名してます(

他の界隈で言われる「鬼の交換読み」や「ヤンキープレイ」みたいなもんです。 

 

「異次元の交換読み」をされるくらいなら

と思って逆に素直な行動をしてみると意外と

勝利につながったりします。

冒頭の言葉はこのような体験からつぶやいてものです。 

 

 ポケモンって 難しくなったね♪

PS ヤンキープレイで勝つとくっそ楽しい

 

本記事を最後まで閲覧して下さり

誠に有難うございました。

 

それでは、またノシ