読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エイセツシティ 460番地 裏通り 

XY~ORAS 環境の考察ブログです  

みんなのポケモンスクランブル 攻略日記

みんなのポケモンスクランブル 攻略日記

 

貴重なシングル公式大会そっちのけで、

みんなのポケモンスクランブルとポケとるのループを楽しんでいます 

無料ゲーム(仮)楽しいよ こんにちは。

 

配信されて間もないゲームなんですが

いろいろと物議を醸しだしているようです。

 

今回の記事ではそのあたりの話と

TOPページに追加した

「TSV」に関する補足を載せておこうと思います。

それではっ 本題へっ!

 

 ①・みんなのポケモンスクランブルのお話

・WIIなど他ハードでも発売されているシリーズのようです。

 おもちゃであるポケモンたちを集めたり、いろいろなステージを攻略して

 収集したり、王様の依頼を受けたり、のんびり気ままの楽しめるゲームです。

 

・ゲーム内で行けるステージを増やたり、強力なアイテムを入手するために、

 『ポケダイヤ』が必要になります。もちろん、ゲーム内でも入手可能なのですが…

 そのポケダイヤを十分に手に入れるために、リアルマネーが必要となります。

 ニンテンドウプリペイドカードをご利用ください。

 

・課金するのは個人の判断。

 私は個人の判断で2000円課金しました。

 おおよそすべてのステージが回れそうなので

 いい落とし所だと思います。

 

※現在 王冠レベル42

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

◆画像集

 言葉の説明だけだと

 雰囲気が伝わりにくいので

 いくつか自分で撮った画像を↓

 

f:id:setunayuki:20150412143745j:plain

 

・かなり分かり辛いのですが

 真ん中にいるのがユキノオー様です 右がmii 衣装は魔法使い。

 イメージとしてボスキャラとして出てくるんだろうなと思ったら普通キャラでした。

 

・つよさ818 

 通り名はわざし。技ごとに☆マークで威力が表されているのですが

 その☆が少ないほどダメージが増えるという効果。

 本家でいうところの「テクニシャン」でしょうか。

 

f:id:setunayuki:20150412143731j:plain

 

・続いてエンテイ 一発で落しました。

 通り名は「しぜんちゆ」 最初はしぜんかいふくみたいなもんだろうな

 ねむると組み合わせれば強いなー程度に思ってました。

 

・実際の効果は画像にある通りで

 hp回復の方法が乏しいこのゲームでは非常に心強い存在。

 攻撃技も範囲系で扱いやすく、探索のメインにしている一体です。

 ボス戦前にhp回復というアクションゲームのおきまりが可能。

 

f:id:setunayuki:20150412143741j:plain

 

・最後は禁止伝説の紹介。

 技が2種類あって Aがとっしん Bがジオコントロールです。

 ジオコントロールはすべての能力が上がるという破格。

 

・とっしんも普段と同じで、反動ダメージあり。

 噂によると「わざ教え屋」が出るそうなので、

 いずれ技を変更してあげたいと考えています。

 

※チャレンジバトル「庭園荒らしを捕まえて」クリア後に

 王様からのプレゼントで「わざ教え屋」解禁

 とっしん→マジカルシャインに変更

 

チャレンジバトル「大破壊?! 剛腕将軍の襲撃」クリア後に

  王様からのプレゼントで「ストーン屋」解禁

 メガシンカ用の石を購入可能に

 

・他に見つけた通り名として

 かんろく 〇〇アップ(〇にはタイプ名) ゴージャス ぼうそう

 アタック ノックアウト コレクター れんしゃ かいそく

 種類ごとに固有というわけではなく、いろいろなポケモンについています。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

②・TSVについて

 

・色違い孵化に関する話。

 内部データを利用した方法になりますので、

 好みでない方はここでブラウザバック推奨です。

 

 

 

 

 

 ・3DS対応のシリーズ(X Y OR AS)には、

 「TSV」 「PSV」という隠れた値があるらしく

 その両方が一致すると「色違い」ポケモンになるとのこと。

 詳しい解説は他ブログで丁寧になされていますので

 ここでは省きます。

 

・SV共有シートの利用規約に、

 ブログ等へのTSVの記載が必須とあったので

 このような説明を載せました。

 SV特定ツールを用いて

 メインロムであるオメガルビーの値を確認しました。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 今回の記事は以上となります。

 

珍しく対戦考察以外の記事を書いてみました。

対戦の方での目標は当面、

ジャパンカップ2015のPTを考えることです。

 

本記事を最後まで閲覧して下さり

誠に有難うございました。

 

それでは、またノシ