読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エイセツシティ 460番地 裏通り 

XY~ORAS 環境の考察ブログです  

ORAS PT考察その① ジャローダ入り雨

ORAS PT考察その① ジャローダ入り雨

 

本ブログ初のPT紹介記事となります。こんばんは。

 

PT編成の意図やきっかけは前回紹介した通りになります。

最終レートの報告は「シーズン8のまとめ」という

シーズン終了が近づくと毎回挙げている記事の方で

行いたいと考えています。

 

それでは、どうぞ。

 

ニョロトノ 気合の襷 臆病 166-×-96-142-120-134
f:id:setunayuki:20150125191203g:plain あめふらし 熱湯 アンコール 我武者羅 凍える風
 臆病CS252振り・雨始動要員
 凍える風でのS操作、我武者羅での削りを狙う
ラグラージ メガ石 意地っ張り 189-222- 130- ×- 130- 109 
f:id:setunayuki:20150125191749g:plain すいすい 欠伸 地震 滝登り 冷凍パンチ
 いじっぱり H108 A252 S148振り
 雨時に、最速スカーフトゲキッス抜き
ジャローダ オボンの実  臆病 150-×-116-126-116-180
ジャローダ 天邪鬼 挑発

 

目覚めるパワー  

竜の波動  リーフストーム  
 めざ炎個体。cs248 端数をbdに
 先制技圏内から逃れるためにオボンの実持ち
ボーマンダ メガ石 図太い 201-×-185-140-110-155 
f:id:setunayuki:20150125192425g:plain スカイスキン 毒毒 身代わり 羽休め ハイパーボイス

図太い H244 B148 S116

 メガ前に最速70族抜き

メガ後に最速ドリュウズ抜き

テラキオン 拘りスカーフ 陽気  167-181-109-×-109-176
f:id:setunayuki:20150125192035g:plain 正義の心 インファイト ストーンエッジ アイアンヘッド 寝言
 ようきAS252振り。
 メガミミロップゲッコウガを上から殴る。
ギルガルド 食べ残し 控えめ145-49-171-101-156-112
f:id:setunayuki:20150125192253g:plain

バトル

スイッチ

毒毒 身代わり キングシールド シャドーボール
控えめCSベース・イカサマ意識のA0個体

色違い孵化産個体の為。HBCSV、A0.D3個体を使用

 

 

◆個別解説

 

ニョロトノ

・雨始動要員としての採用。

 ニョロトノラグラージを隣に並べる事で、

 選出誘導の可能性を高める。

 

・雨選出に依存しすぎないように、襷我武者羅型。

 他の候補として、先制の爪持ちの滅びの歌搭載も。

 そちらを採用する場合は図太い防御特化で。

 

◇メガラグラージ

・メガ枠その1.。メインアタッカー。

 雨が降っていない状態だと意外と火力不足に悩む。

 H振りのシールドギルガルド地震を一発耐えてくる。

 

・欠伸は後続のサポートの為。

 理想としては相手を1~2体倒してから、

 雨の切れるターンに欠伸して退場という形。

 

ジャローダ

 ・夢特性の解禁に伴い一気に数を増やしたポケモン

 前回の記事でも書いた通り、ナットレイへの圧力を持って欲しい為

 めざぱ炎個体を採用している。

 

・表内で「先制技圏内から逃れるためオボンを持たせた」とあるが、

 具体的にはキノガッサギルガルドを想定している。

 夢キノガッサの岩石封じ+マッハパンチを耐えることが可能となった。

 

◇メガボーマンダ

・メガ枠その2、地雷要素。

 オリジナルの構成ではないと先に断りを入れておきたい。

 配分を見てもらっても分かる通り、物理耐久重視。

 

・耐久の目安として

 意地っ張りA252拘り鉢巻持ちファイアローのブレバ→ダメージ81~96

 意地っ張りA252振りガブリアスの逆鱗→150~176

 

・羽休めで耐性を変えられるので、

 立ち回りによっては水ロトムも起点に出来る。

 このメガボーマンダの強さを知れたことが

 今回の構築を組んだ一番の収穫だと感じている。

 

テラキオン

・スカーフもちアタッカー。

 猫騙しを打ってタスキを潰したと安心しているミミロップ、 

 素早さが抜けていると思って安易に鬼火するファイアロー

 命の球を持って悠々とハイドロポンプを選ぶゲッコウガ

 その様な隙を狙って奇襲をかける魂胆である。

 

・他にはウルガモスや、準速メガボーマンダが舞った後でも

 上から攻撃を仕掛けることが可能となっている。

 ここまでの4体で対処が甘い面を補ってくれている。

 

ギルガルド

・みがキンギルガルド

 以前は臆病HSベースを使っていたのだが

 Aの個体値が高すぎたため控えめ個体で育成し直した。

 

・Aを下げる理由は表にもある様にイカサマ意識。

 Aの個体値を低く抑えると、シールド状態の身代わりが

 不一致イカサマを耐えてくれるようになる。

 

・担当して貰いたいのはポリゴン2やクレセリアの処理。

 特攻にも努力値配分をしたおかげで非常に使いやすくなった。

 

 ==================================================

以上で、PT紹介を締めます。

構築に着手した頃はキリキザンを入れようと考えていたのですが、

フェアリー等倍がどうしても辛くギルガルドを採用しました。

 

この構築でどこまでレートを伸ばせるか分かりませんが、

一戦一戦確実に進めていきたいと考えています。

 

はてなブログで表を作るのは初めてで、

文字がずれていたり見にくい点があるかと思います。

はてなブログを書いている方で良い表組みを御存じでしたら

情報を頂けると非常に助かります(=・ω・=)

 

今回の構築は

攻めの要素が強かったので次回は受けの要素が強いものをと

考えています。

f:id:setunayuki:20150125215715p:plainf:id:setunayuki:20150126175126g:plain

 

主役はこの2体。

 

本記事を最後まで閲覧して下さり

誠に有難うございました。

 

それでは、またノシ